新着情報|シェルパック・スライドパック・ブリスターパック、真空成型や圧空成形なら東京パックにおまかせ!

お問い合わせ tel:03-3899-8201

新着情報

社長の気になる記事

2017/10/11

米国「EVバス」市場狙う中国BYD 新工場をカリフォルニアに設置

本日のヤフーニュースに出ていたBYDの記事が出ていました。
BYDは中国最大手の電気自動車(EV)メーカーです。

先日国慶節で日本に遊びに来た中国の有人によると
BYDの株価は仏、英、独、スウェーデン ヨーロッパ各国、また中国で
拡大する電気自動車化に伴い急騰しているとのこと。

彼の話によると中国の半導体メーカーは急成長していて現在は携帯電話
ではなく自動車の市場を見据えているとのことです。

第4次産業革命の始まりなのかもしれないですね。

ところで出遅れている日本勢は
こちらの記事に
日本ならではの戦略が出ていました。

センサーなどの部品トレイのご用命は
こちら

米国「EVバス」市場狙う中国BYD 新工場をカリフォルニアに設置

社長の気になる記事

2017/10/06

今朝の日経新聞下町ボブスレーとスカイマークのコラボの記事が出ていました。

大田区のマテリアル代表細貝社長が率いる下町ボブスレーがいよいよ平昌オリンピック に挑む日が近づいてきました。
今回はスカイマークとコラボで下町ジェットを飛ばすそうです。

実は今回のお披露目式に配られたノベルティは2週間前にパッケージのデザインから梱包まで依頼がきて弊社のインクジェットなど使い作成して協賛いたしました。

ノベルティパッケージの詳細はこちら

今朝の日経新聞下町ボブスレーとスカイマークのコラボの記事が出ていました。

社長の気になる記事

2017/09/27

本日に日刊工業新聞にスティックシューホーンが紹介されました。

本日に日刊工業新聞にスティックシューホーンが紹介されました。

ニュースリリース

2017/08/25

第84回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2017出展します。

2017年9月6日(水)~8日(金)
第84回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2017
日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市
足立ブランドブースにて出展します。
ステイックシューホーン(魅せる靴べら)を展示します。
皆様のご来場をおまちしています。

第84回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2017出展します。

ニュースリリース

2017/08/23

東京くらしのフェスティバル2017にスティックシューホーン裏技(靴ベラ)出展します。

2017年10月26日(木)~27日(金) 10:00~17:00(両日)
東京都立産業貿易センター台東館
〒111-0033 東京都台東区花川戸2-6-5
03-3844-6190
東京くらしのフェスティバル

東京くらしのフェスティバル2017にスティックシューホーン裏技(靴ベラ)出展します。

社長の気になる記事

2017/08/17

弊社の社員が載っている「あだち工場男子」が東京新聞で紹介されました。

弊社のオペレーター森が一番大きな写真でアップされています。
学生時代野球を続け大学卒業後営業職に就くが本人に合わず、ものづくりをしたいとの一心で弊社に入社しタイミングよく最新の機械が導入されたことを機にこの機械を担当することに。
当然野球一筋の彼は成型の知識は全くなく先輩の指導のもとに見様見真似手探り状態で作業を続けていました。
そんな彼がこの本の取材を受けたときにはちょうど一年が過ぎ見事にこの機械を自分のものにしていた。

なぜ一年で最新の機械をものにすることができたのかその理由には当然最新の機械なので扱いはしやすいがそれ以上に野球というスポーツにおいてチームワーク、日々きつい練習の積み重ねなどの経験が生かされ何事にも前向きポジティブな行動し、そしてお金持ちになりたいという大きな目標がこの結果に結びついているのかなと思いました。実は入社当初新しい機械なのでトラブル続き、研修期間中にもかかわらず徹夜が続き「大丈夫か」と声をかけると「問題ありません」との元気な返事に、この時から体育会系は気持ちいいな、速く成長するんだろうなと私なりに見ていました。

町工場においてこのような若者が活躍していくことで日本の経済もよくなっていく気がします。
弊社にはこのような若者がたくさんいます。

今後も顧客満足を一番にものづくりに挑戦していくのでよろしくお願いします。

森が製造している部品トレイはこちら

あだち工場男子のサイトhttp://kojyo-danshi.work/adachi/
弊社の社員二人が記載されています。
森はこちら
鏑木はこちら

弊社の社員が載っている「あだち工場男子」が東京新聞で紹介されました。

ニュースリリース

2017/07/26

「設立50周年を迎えました」

弊社、おかげさまで7月26日をもちまして設立50周年を迎えることになりました。
これもひとえに、皆様のご贔屓ご支援の賜物と感謝しております。
これを機に社員一同 皆様により一層ご満足いただけますよう真心をこめて
業務に専念する所存でございます。
何卒、今後ともよろしくご愛顧の程お願い申し上げます。

東京パック株式会社  代表取締役  田畑 虎幸

社長の気になる記事

2017/07/26

キャップ外し24時間耐久ヒットの予感

消せるインクのフリクションで大ヒットしたパイロット様から今度はキャップを外した状態で24時間たっても書き続ける事が出来る油性マーカー!
使用しない時はペン先に皮膜ができ書く時はその皮膜が破れて書ける技術だそうです。

素晴らしい技術ですね。

確かに弊社も油性マーカーをいざ使おうとした時書けなく黒の油性マーカーを何本も買い置きしているのが現状です。

年間相当数使用しているのをこの油性マーカーに変える事で経費削減に繋がりますね。
おまけに価格も汎用の油性マーカーより安価だそうです。

早速業務課に提案です。

キャップ外し24時間耐久ヒットの予感

ニュースリリース

2017/07/25

自社製品スティックシューホーン発売します。

「仕事先、飲み会、訪問先、
靴を脱がなけらばならないシーンで、
あなたはどうやって靴を履いてますか?
靴ベラは持っているけど、、、
いざという時に出てこないなんてことありますよね。
は身近にぶら下げて、
すぐに使える魅せる靴べらです。」

こんなキャッチで自社製品スティックシューホーンをいよいよ8月1日より発売することになりました。
弊社の最新の技術で設計から成型、印刷まで仕上げています。

サンプル出荷随時行っています。
サンプル必要の場合は問い合わせフォームに記入のうえ申し込むかお電話願います。

自社製品スティックシューホーン発売します。

社長の気になる記事

2017/07/25

日高屋の株価

神田駅で電車待ちの時間ふっと遠くを日高屋の看板。
そういえば、日高屋が増えたなと自分が知っているだけでも竹ノ塚、西新井、日暮里...
日暮里には串揚げ日高、立ち飲み日高まである。
そこで、日高屋を経営している店舗を調べるとなんと関東に397店舗すごい数ですね。
売上高も385億、利益が45億、営業利益・経常利益とも14期連続で過去最高益を更新しているそうです。
株価が上がっているのに納得。

右肩上がりの背景にはやはり世の中の事情を把握し、定食屋とちょい飲み「二毛作」戦略で、デフレ不景気でお小遣いの寂しいサラリーマンの心をつかみお値頃価格でお酒やツマミを提供。これが仕事帰りのサラリーマンから猛烈な支持えて繁盛しているらしい。
正にサラリーマンという顧客満足度を常に上げていく戦略が功を奏していることをうかがえる。

確かに価格がリーズナブルで気軽に入れる店が多いいので私自身も飲んで食って日暮里につくとつい立ち飲み日高屋の明かりの誘惑に負けてしまう。

厳しい外食産業もある中、顧客の心をつかみ素晴らしい経営をしているんだなと思いました。

日高屋の株価

社長の気になる記事

2017/06/30

UV印刷、樹脂に付加価値

今朝の日刊工業新聞に
不撓不屈/中野製作所 新事業へ果敢に挑む

プラスチックの試作メーカーが試作部品の仕事は伸びているが、市場全体では減ってつぶれた同業他社もあり油断を戒め需要が成熟した加工以外の事業にも表面に高低差のあるプラスチックにも高精細な文字やイラストを直接印刷できる紫外線(UV)プリンターなど新設備を導入し、スマートフォンのケースにデザインするなど、顧客に付加価値の高い提案をして新しい分野の受注をしまた積極的にBtoCにも挑戦しまた「新たな技術で従業員に刺激も与えられる。」という記事が出ていました。

弊社も経営革新で2本の柱 まじめな仕事、不真面目な仕事の両立を掲げています。

まじめ、生産効率をあげコストを見直す。
不真面目、アイデアを高く買ってもらう。

まじめな仕事 
積極的に材料、生産効率を改善しコスト等見直し顧客満足を目指していく。
しかしながら、我々の生産している部品トレイ、ブリスターパック等パッケージなど副資材業界はこのまま続けていくと生産効率を上げても薄利になっていくため仕事量を確保し設備投資を積極的に行っていかなければならない。

不真面目な仕事
BtoCを中心に自社のアイデアを高く買ってもらう仕事
弊社の商品では初めて世に出したスイッチにカバーする加飾圧空技術でできたスイッチカバールがまずはそれにあたります。
目標は社員の数分自社商品を出していくことで、まじめな仕事で固定費を稼ぎ不真面目な仕事で社員の幸せを目指しています。


弊社部品トレイのご案内は
こちら

加飾成型の案内は
こちら

弊社製品のご案内は
こちら

スイッチカバールのご案内は
こちら

UV印刷、樹脂に付加価値

社長の気になる記事

2017/06/27

プラスチックに低温・低圧でセラミック膜をコーティングする技術

日経産業にプラスチックに低温・低圧でセラミック膜をコーティングする技術の記事が出ていました。

この技術は金属などの無機材料が持つ硬さやキズへの強さ、ガスを通さないといった性質をプラスチックに持たせることができるそうで

今後、自動車用ガラスの代替材料や平面ディスプレーパネル向けなど早期の商品化を目指すということです。

弊社、部品トレイ、ブリスターパックメーカーとして成型後も追従できるシートを開発してくれれば品質の保存を強く要求する医療分野にも期待ができる気になる技術ですね。

弊社部品トレイのご案内は
こちら

プラスチックに低温・低圧でセラミック膜をコーティングする技術

社長の気になる記事

2017/06/26

変わる消臭芳香剤市場

変わる消臭芳香剤市場

消臭に香りがつき居心地いい香りが増えて来ている。

香りだけではなく機能性、デザイン性が若い女性こころを掴み売れているそうです。

記事のなかでは「今後も女性の感性に捉えられるような高付加価値品を開発したい」と記載されてます。

弊社も今後開発された高付加価値品をさらに保護し売れるパッケージを普段から心がけ開発して行きたいと考えています。




弊社ブリスターを中心としたパッケージのご案内は
こちら

変わる消臭芳香剤市場

ニュースリリース

2017/06/21

本日から3日間 機械要素展に出展します。

本日からビッグサイトで行われている機械要素展の足立ブース 東4ホール70-2 に弊社の加飾成型技術を展示しております。

お時間がございましたら是非、お立ち寄りください。

社長の気になる記事

2017/06/20

360度撮影できるドライブレコーダー

弊社のお得意先のカーメイト様の新製品の紹介が本日の日経産業に載っていました。

今までにないドライブレコーダー「ダクション360」360度監視できる機能とカメラを外してアウトドアシーンの思い出を取ることができる優れもので売れ行き好調とのことです。

カーメイト様の村田社長は創る、喜び。を企業理念を掲げ理念の説明の中に

「21世紀の成熟社会に生きる消費者は賢人であり、本物を見抜き偽物を見破ります。つまり消費賢人にとっては、魅力のないものは偽物であり、魅力あるものだけが本物だということになります。これは、消費者にとって本当に豊かなカーライフの創造をめざしてきたカーメイトに大きなチャンスをもたらすものです。
私たちは現状に甘んじることなく21世紀の人々のさらなる喜びをクリエイトしていきたいと考えています。」

とあります。

正に「ダクション360」は、企業理念から生まれた商品だと感じました。

「ダクション360」の什器は
こちら

360度撮影できるドライブレコーダー

ニュースリリース

2017/06/14

本日より6月14日~6月16日 インテリアライフスタイルに出展開始

本日からビッグサイトで行われているインテリアライフスタイルのFC足立ブースに弊社新製品出展中。

今回はカバールではなくWISE PROJECT ブランドにて靴ベラを展示しています。

今更なんで靴ベラかというと
最近おしゃれな革靴を履くビジネスマン、キャリアウーマンが増えてきました。

特におしゃれなビジネスマンはカバンに靴ベラを入れて靴を大事にしている人が多いいことがわかりました。
しかし靴ベラはカバンの奥底に入っていることが多くいざという時見つからなかったことがあるそうです。

そこで靴ベラをカバンの奥底に入れないで見せるアクセサリー的な靴ベラを作ったらと思いついたのが今回の靴ベラです。

ただ靴ベラに加飾してぶら下げていても靴ベラをぶら下げているとすぐに思われてしまうのでおしゃれでない、ではどうすればと考えていた時、普段自分の生活の中靴をどうやって履いているかと思い浮かべていたら靴ベラを使わず指で履いていることにきずきました。もしやと思い回りの人に靴ベラがないとき靴をどうやって履きますかと聞くとほとんどの人が指で履いていると答えてくれました。

その時これだっとひらめいたのが靴ベラの形をしていなくても指の形で靴ベラの代用ができることがわかり今回のSTICK SHOEHORN が誕生しました。

STICK SHOEHORN の特徴
ポリカーボ製で強度はアクリルの30倍
ポリカーボの透明性を生かし素敵なデザイン
スマフォ、カバンにつけてもすぐに脱着ができ
プラスチック製なのでポケットに入れても携帯にキズが付きにくい

東京パックができるプロダクトデザイン、射出成型、インクジェット、ホットスタンプ、パッケージ技術をこの一つの製品に注ぎ作成しておりますのでお時間がございましたら是非、お立ち寄りください。

西3ホール ACCENTゾーン G24

本日より6月14日~6月16日 インテリアライフスタイルに出展開始

社長の気になる記事

2017/06/08

キズができないPETフィルム

東レがこすれに強いフィルムを開発した。

表面にナノ粒子を均一に塗布することで試験ではスチールウールでこすってもキズが付かないとのこと。

電機関連メーカー向けに開発したそうですが需要が伸びコストが下がることで将来クリアケース、ブリスターパックにも使用できるようになれば素晴らしいことだと思います。

キズができないPETフィルム

社長の気になる記事

2017/06/07

奇跡のレッスン

先日録画番組表を見ていたら「奇跡のレッスン」という番組を見つけた。

かつてタイガー・ウッズを小さいころに育てていた名コーチのルディ・デュランが千葉県の多古中学校の子どもたちのもとを訪れ週刊指導していくドキュメンタリーです。

ルディ・デュランは次の3つのことを指導している。


①いい記憶のライブラリーノートを作り毎日うまくいったことだけを記憶させる。

②アプローチをあえてドライバーでショットさせ、形や人のショットに左右されない本来のゴルフのスタイルを教える。

③ドライバーを25%50%75%100%と4段階で打たせたり、クラブ2本だけでコースを回らせナイスショットを求めない、楽しくみんなと回ることを教える。


まとめるとメンタル面を強くするためにプロセスをポジティブに考えることを指導していました。

その結果子供たちはいきいきと練習をし成長していく様子を映し出していました。

この考え方はゴルフだけではなく仕事、自分の人生すべてに通ずることだなといい勉強になりました。

社長の気になる記事

2017/05/30

石からできた紙

地球の無限の素材石から紙を作る技術が凄い!
以前から炭酸カルシウム入りプラスチックシートは有りましたが炭酸カルシウムの混入率はわずかな量でしたがライメックスは石灰石の量は80パーセント以上にも拘らず独自の技術で比重を軽くしているとの事です。

因みに、
通常紙1トン生産する場合、樹木を約20本、水を約100トン使うが、LIMEXではいずれも使用しない。

東京パックは(株)TBM様と機密保持契約を結びLIMEXの開発をお手伝いさせて頂いています。

石からできた紙

ニュースリリース

2017/05/26

5月25日新入社員歓迎会を行いました。

今年は業務3人営業1人オペレーター1人の新卒が加わり東京パックの平均年齢は33歳に

若い力が加わり社員一丸となってお客様の満足いただけるパッケージを作っていきますのでよろしくお願いします。

5月25日新入社員歓迎会を行いました。

社長の気になる記事

2017/05/23

高強度、透明シート

新材料

最近PC+PMMAの複合材が出て来たのは知っていましたが新しくPMMA単体の新素材が出て来ました。

PC+PMMAはPCの耐熱、強度、PMMAの硬度、耐光性を叶えた素材でしたが今回リケンテクノスが開発したシートは表面にウレタンアクリレートの被膜で覆ったPMMAだそうです。

加飾成形でPCを成形すると印刷のインクが限られてきますが低温で成形できれば微細な加飾表現も豊かになるのかなと期待ですね。

高強度、透明シート

社長の気になる記事

2017/05/22

IoT社会を支える電子部品

IoTのための三種の神器

今朝の日系にこんな広告が出ていました。

電子部品が今後、IoTの進化には電子部品の活躍が期待される図解がされてました。

センシング
「状況」を「情報」に反映させるにはセンサーが必須。
ネットワーク
IoT向けに 低消費電力、超寿命を実現した通信モジュールの進化。
フィードバック
情報を現実社会に反映するモーターなどの駆動部品や電源の切り替えを行うスイッチやLEDなど必ず必要になる。

今まで電子部品の業界は携帯電話と共にで成長してきましたが逆に各社携帯電話部品の依存度が高くなり部品業界景気が携帯電話の景気に左右されていましたがIoTの成長により電子部品の業界が大きく変わっていくことが解る図解になっています。

IoT社会を支える電子部品

社長の気になる記事

2017/05/19

インスタントカメラにデジタル技術

チェキの新製品が発表された。

たしか数年前に韓国、中国で爆発的に売れその当時中国に出張すると飲食店のあちらこちらにチェキの写真が貼られていた。そして中国人に理由を聞くとデーターの流出がないからだよと聞いて、なるほどとうなずいた記憶がありました。そんなアジアで復活し日本でもブームになり今では欧州や北米での展開をし年間500万台売れているそうです。
また、ポラロイドカメラのコダックが経営破綻し生き残った唯一の富士フイルムが独占の市場になっているとのことです。


富士フイルムと言えば2000年当時、写真フィルムを含む感光材料で市場シェアの7割を握り、営業利益の約3分の2を稼ぎ出していた。それが奔流のように迫るデジタル化の波に押し流され、以降、年率20~30%のペースで需要が激減し、11年度の売上高に占める比率は1%以下に落ち込んでしまった。
そんな会社が危機をリストラ等で乗り越え新領域に大胆に経営資源を投入し今では売上高1兆円の「総合ヘルスケア企業」に変貌している。

そんな富士フイルムがアナログとデジタルの融合した新チェキを発表した。
液晶で確認してアナログで撮る今までにない新しい表現の写真が撮れるそうです。
完璧を求めるより不便さをあえて残すと記事には出ていますがここが重要なのかなと思いました。

インスタントカメラにデジタル技術

社長の気になる記事

2017/05/18

ミドリムシからバイオジェット

今朝の日経産業にこんな記事が出ていました。

ユーグレナ
CMでよくやっている青汁ではなく緑汁。

健康食品として大いに知られているそのミドリムシが今度はバイオジェット燃料に
いったい何匹のミドリムシを使うのだろう?逆にミドリムシはものすごい勢いで増えていく生命力も驚きですね。

ミドリムシからバイオジェット

社長の気になる記事

2017/05/17

クルマ、鉄から樹脂へ 旭化成が繊維複合材

鋼材に比べ強度を3~4倍に、重量を最大半減させた新素材の記事が出ていました。
自動車産業は目まぐるしく進化を遂げている。

今までカーボン成形が主流と思っていましたがポリアミド66繊維という樹脂がとても優れた樹脂らしいです。


PA66(66ナイロン)の化学式

[CO(CH2)4CONH(CH2)6NH]n

66ナイロンの構造式
アミド結合(-CONH-)の繰り返しによって構成される線状の高分子化合物。



(※アミド結合は、たんぱく質でも見られるが、この場合ペプチド結合と呼ばれる。)
(※主に脂肪族からなるものは「ナイロン」とよばれ、芳香族をもつものは「アラミド」とよんでいる。)




PA66(66ナイロン)の物性と特徴

ナイロン66は、世界初の合成繊維として知られる。 米国デュポン社の研究者カロザースが発明。 天然の絹糸に替わる合成繊維を作る目的で開発された。

ナイロン66は、ポリアミド系樹脂の中では結晶化度が高く、物性のバランスがとれたエンプラでもあり、ナイロン6と比較すると、耐熱性、機械的強度において、より優れた値を示す。
機械的強度のバランスが良いナイロン系樹脂(ポリアミド系樹脂)の中では、最も優れた機械的強度がある。耐薬品性 ガソリン・オイル等の有機溶剤に対して、優れた耐性がある。充填剤により強化可能ガラス繊維などを充填して、機械的強度・剛性・熱変形温度などを大きく向上させることが可能。食品衛生性 食品衛生法に適する。

クルマ、鉄から樹脂へ 旭化成が繊維複合材

社長の気になる記事

2017/05/12

楽しいリサイクル

FBで見つけた楽しいリサイクル。
ニュージーランドの大手ビールメーカーが飲み終わったビール瓶を砂浜の砂に戻すというプロジェクト。

弊社は今年創業50周年を迎えます。50年間製品を保護、そして購買意欲の増すパッケージを作ってまいりました。
パッケージは使用後廃棄するため逆を言うと50年間ごみを作り続けてまいりました故にこのようなプロジェクトは非常に興味があります。

我々が作ったパッケージが一日も早く循環型のリサイクルできる時代が来ることを願っています。

https://bouncy.news/1070

楽しいリサイクル

社長の気になる記事

2017/05/11

ZIPで紹介されたiPhoneケース

今朝のZIPで紹介されていたiPhoneケース iFace がすごい!
2013年販売から750万個売れたとのことです。

iFace の特徴はiPhoneを落としもガラスが割れないとの口コミで広まったそうです。
実はiPhoneを落としガラスを何回も割ってる人が多発しているらしく特に学生などの若者は修理代が高価なため直さずに使う人や何回も落として多額な修理代を払うものなど困っているところに現れた救世主がiFaceらしいです。

スマフォカバー市場は飽和状態その中でも消費者の困りごとをビジネスにすればまだまだ市場があることを立証をしている。

顧客満足を追求するこの意義を改めて思い知らされました。

ZIPで紹介されたiPhoneケース

社長の気になる記事

2017/05/10

植物由来の新素材

今朝の日経産業に新素材の記事が出ていました。

なんと立体成形できる透明シートの原料が石油由来ではなく紙の原料からなるパルプからできているとのこと。
そしてガラス並みの透明度、強度があるとのことで驚きであります。今までの植物由来はトウモロコシなどからできたものが多かったですが耐熱および強度がなくおまけに高価で使えものになりませんでした。

記事からはまだまだ高価とのことで、すぐには使いきれませんが我々の業界にとってこれから期待の素材ですね。

植物由来の新素材

社長の気になる記事

2017/05/07

IoTが身近に

日刊工業新聞にこんな記事がありました。

スマートフォンを使いリアルタイムで製造ラインの生産数などを確認できるIoT(モノのインターネット)システムが、スマートウオッチでもチェックできるようになるとのこと有難いことです。

弊社も昨年から材料のQRコードをスマートフォンで読み取りリアルタイムに材料在庫管理ができるようになった。人手不足の昨今非常に助かっています。

個人的にも夫婦共働きのなか猫のいる我が家にとって猫の毛を毎日掃除をするのが大変でしたがスマートフォンからお掃除ロボットルンバをコントロールできることは非常に助かっています。

IoTがどんどん身近になることで仕事、私生活でも効率が上がるのでこういった開発はうれしいニュースですね。

IoTが身近に

ニュースリリース

2017/05/02

写真集「あだち工場男子」発売

弊社社員がかっこよく掲載されてます。
詳細はこちら

写真集「あだち工場男子」発売

社長の気になる記事

2017/04/05

見習いたい会社 星野リゾート

NIKKEI DESIGNに星野リゾートのおもてなしデザインが特集されてました。

星のやは言わずと知れた経営の厳しい旅館をソフト面で見事再生し2005年10億から2015年441億と強烈な右肩上がりに成長している企業です。

このソフト面とはおもてなしを中心に3つの「日本旅館メソッド」「マルチタスク」「フラットな組織文化」から成り立っている。

特に私が見習いたいのが「マルチタスク」魅力的なおもてなしをしようとしても、コストが掛かり過ぎては経営は立ち行かない。そこで星野リゾートは各スタッフがフロントや客室掃除、レストランサービスなど様々な業務をこなすことで効率を上げ、その分プラスアルファの魅力づく=おもてなしに振り向けている。

正に、弊社も多能工化を推進しお客様に気遣いができおもてなしができる企業になりたいと心がけています。

見習いたい会社 星野リゾート

ニュースリリース

2017/03/30

6月14日~6月16日 インテリアライフスタイルに出展します。

携帯靴ベラを展示します。
http://www.interior-lifestyle.com/


詳細はこちら

6月14日~6月16日 インテリアライフスタイルに出展します。

ニュースリリース

2017/03/29

6月21日~6月23日 機械要素展に出展します。

加飾成型品、金型を展示します。

http://www.designtokyo.jp/


詳細はこちら

6月21日~6月23日 機械要素展に出展します。

ニュースリリース

2017/03/29

7月5日~7月7日 DESIGN TOKYO 出展します。

DESIGIN TOKYO にて、新しいスイッチカバール、携帯靴ベラ等展示します。
http://www.designtokyo.jp/

詳細はこちら

7月5日~7月7日 DESIGN TOKYO 出展します。

社長の気になる記事

2017/03/25

ビィトンからポルシェまでシェア経済急成長

先日中国に出張のときシェア自転車の普及がすごかった。
自動車のシェアも始まったらしいが中国の車の扱いが悪くすぐに中断とのこと。
日本では白タクは違法だが中国はiPhoneから白タクを予約し迎えに来てくれるサービスが一気に広がっている。

今後中小連載企業間で高額なCADソフト、3dスキャナー、3dプリンター、機械などシェアできていったらものづくりのスピードアップにつながるのではないかと思います。

ビィトンからポルシェまでシェア経済急成長

社長の気になる記事

2017/03/24

カバールが東京新聞に搭載されました。

カバールが東京新聞に搭載されました。